若手俳優かわいくなる説

垢抜けるとかそういう俳優本人の話ではなく受けとるこちら側の話。先に言っておくと中身のない話。

若手俳優に対し『かわいい』という言葉をよく使ってしまう。特別好きな若手俳優のみに使うとも限らない。SNSに本人や共演者が載せる写真とかよくわからないつぶやきとか。当たり前のように『かわいい』と思ってしまう。舞台に立つ俳優を観るときに『かわいい』がメインの感情になることとってあまりないのにね。いやもちろん外的要因によって付加されるかわいいはあるんだけど。実際過去のエントリでもかわいいって書いてるし。

多分、かわいくなるのだ。
例えばテニミュキャストの場合、大体稽古が始まったあたりで新キャストのSNSをチェックしはじめる。私の場合、3rdキャストはみんな同じリストに入れてつぶやきを見ている。現役のキャストは稽古が終わると一斉につぶやきだす事が多いからわかりやすくておもしろい。ちょっと話がずれた。この稽古段階では俳優のことをまだきちんと認識していないことが多い。◯◯役、くらいの認識。たまにちょっと変わった子がいたりすると印象には残るけどそれでもしっかり把握しているわけではない。◯◯役のキャストとしてより正直普通の男子(?)のつぶやきとして見ている気持ちの方が強い。名前やお互い呼びあってるあだなは覚えるけど。
それがどこで変わるのかというと間違いなく公演を観てから。公演を観て初めて◯◯役の△△くんという風に変わる。そうすると、単なるつぶやきが急に意味を持ち始める。自撮りもなんでもないツイートもまるで急に血が通ったもののように見えだして、それらに愛着がわく。その愛着が『かわいい』なんだろうな。
っていうかこれ認知だ。認知されるされないなんて話あるけどこちらも俳優としてちゃんと認知していく過程があるのか。そうか、今更気づいた。
かわいいは正義とかかわいいと言い出したら終わりとか。うんうん、よくわかる。通ってきたしこれからも通っていく。そして板の上の姿はみんなかっこいい。例えかわいい役であっても全力でそれを全うする姿がかっこいい。

前置きが長くなった。


かわいいかわいいかわいいかわいいわかいいかわいいかわいいがすぎるって話でした。はい~。