チームライブ氷帝雑感

今更ざっくりとチームライブ氷帝の話。

入場時にカードを受けとるのだが、東京では普通に渡されていたそれが、大阪では「招待状です」と渡されるようになる。何となく受け取っていたカードが氷帝コレクションへの招待状に変わった。素晴らしい。
東京はセンターにスクリーンがなく左右に二つずつ、大阪では逆にセンターのみだった。大阪で三階席後方だった日がありスクリーンが見切れまくって泣かされた。席の場所はともかくスクリーンが思いの外見切れていたのはつらい。スクリーンあるから後ろでもなんとかなるかと思って油断していた。アホ。二階と三階しか出せなかったTSCアカウントなので仕方ない。徳を積もう。
大阪の会場、梅芸メインホールは画像検索をしたときに正直ここでやりたいだけでは?と思うくらい氷帝のイメージにぴったりな劇場だった。赤色の絨毯の上に飾られる等身大跡部様は来るべくしてここに来たのだと思わせる貫禄があった。東京では見かけなかったリョーマもいた。

コンセプトファッションショーがなんかよくわからないけど氷帝ならやりかねないと言うギリギリで納得してしまうところと、やっぱり全編キャラクターでやりきったというのは大きい気がする。
相性ゲームはもうファッション関係ないし、言ってしまえばルド吹のチームライブからの流用なんだけど多少強引にでもキャラで乗りきってるので観ていて楽しかった。
ルド吹はキャストメインのチームライブで、あれはあれで楽しかったしキャストへの愛着も確かに生まれたのだが、最後にあったショートライブの演出がとても良く、だからこそキャラクターでやることの意味を逆に感じさせられてしまった。
そういった意味で今回全編キャラクターのチームライブに戻したのは正解だったと思う。

まあ色々書きたいけどとりあえず。日吉好きとしては相性ゲームでの忍足先輩の先輩力に惚れざるを得なかった。跡部様には「跪け」と言われおんぶさせられたあげくカードまで取りに行かされ(でも何故かカードがなくて一緒に探してた)鳳に「じゃ、日吉!」と明るく大変なほうを任され「お前はいつも楽なほうだな…」と溢していた日吉。忍足先輩と組んだ時も当然自分が背負うほうになるのだろうと準備をしていた日吉。
だけど忍足先輩は違った。日吉をおぶってくれた。
お、お、忍足先輩ーーーーーー!好きーーーー!と心の中、IQだだ下がりで叫んでしまったのも無理はない。誰かの背中に身を預ける日吉を見せてくれてありがとう。重くないか心配する日吉に「おおきなったなぁ」と謎ポジションからのコメント。す、好きーーーー!忍足先輩好きーーーー!
コーデ対決で日吉の服がサイズ小さめだったときにも「おおきなったなぁ」発言をしていた忍足先輩には父性、いやおじいちゃんみすら感じた。
この後向日岳人連想ゲームも二人がしていたのだが、岳人かわいがり感満載の回答をする忍足先輩に対し向日先輩気が合わない感満載の回答しか出てこない日吉の対比もおもしろかった。あれ、何の話だ。忍足先輩好きーーーー!って話か。
忍足先輩に限らず毎公演全てのキャラの新たな魅力を知らされて氷帝というチームをますます好きになってしまう仕組み。ずるい。
結局好きかわいい最高ということばかり言ってる。もうそれでいいよ。

時間にして1時間強(大抵1時間15分くらいだった)とは思えない濃厚さがあった。毎回衣装を替えるコーデ対決と一日として同じことの起きない相性ゲームコーナーに加え、何度でも観たい踊る氷帝。そしてクライマックスのファッションショーをやった本当の意味に気づく流れが良すぎてずるい。結局これにつきる。ずるい。当初のファッションショーって!?からここに持っていくんだから。考えた人、本当に天才だ。

大阪で迎えた大楽の氷帝コールといい、あの時あの場に立ち会えたことに感謝しかないし、これからのテニミュがますます楽しみになる公演だった。