舞台「イムリ」

ああ~好きな舞台だった…。いつまで経っても書き終わらないので一旦まとめる。俳優座に住みたい人生だった。
何回か観たけどいつも啓貴くんがデュルクを演じてるなんて途中ですっぽり抜け落ちてしまう。俳優座に住みたい人生だった(二回目)

最近はずっとキラキラした舞台に行ってたから久々の感覚だったというか。そういう人こそ衝撃を受けたのではないかと思う。
客席に入るとステージに吊るされたランプ。灯りが揺らいでいて完全に異空間だった。垂れ幕が影でちゃんと柱のように見える!セットというセットは他にはほない。階段状の段差しかない。

イムリはもちろん原作へのリスペクトはあるのだけど、キャラクターやエピソードを完全に再現するといったことは行われていない。行われていないというよりそこに重きを置いていないと言ったほうが正しいかもしれない。
それが顕著なのはやはり主人公デュルクで、原作ではその心の優しさと甘さから踏み切れないシーンが多い気がするんだけど、舞台では逃げに近い描写が多いように思えた。
いや原作にある心理を突き詰めるとそれで間違ってないんだけど、強調されたというよりむしろそこに特化した描写だから余計そう感じる。希望を見出だしたら絶望をつきつけられ決意をしたら絶望をつきつけられ…。
でもちゃんと心の優しさを感じるシーン(ドープとのやりとりとかミューバと再会したシーンとか)もあるんだよね。
母ピアジュも原作より強い母親で、原作ではどこか無気力な感じもあり(そうなる事情があるのだが)死を選択するのが残された最後の力、最後の強さ。舞台では凛とした強さがずっとある。
ミューバは原作でも双子のデュルク思いの純粋な子なんだけど、舞台では削られてた攻撃性の予兆はあるし、こんなに着飾れるイムリ~のくだりとか思想がカーマ民族的。

デュルク最初の台詞、あまりにもふわふわしすぎて初見では正直ドキリとしたんだけど、ちゃんとスイッチがあって一安心。
先にも書いたのだけど、舞台上で話が進めば進むほど主人公デュルクを誰が演じてるかなんて気にならなくなってその感覚がおもしろかった。
演技は周りに支えられてる部分も確かに多いけど、後半でラルドに訴えかけるシーンは本当に素晴らしかった。あと技術的に長台詞のリズムを掴んだんだろうなという回があって不思議ですね舞台って。
イムリの街を探索するためにポンチョに着替えたデュルクが出てくるシーン、急にめちゃくちゃかっこよく見えるんだけど、それがデュルクの本来の姿だからなんだなと今更気づいた。その時点ではまだイムリとはわかってないし何ならすぐ酔っぱらいになるんだけどw
デュルクをやっている啓貴くんが観れてよかったし何よりこの舞台を観れて良かった。そして次に舞台で演じる啓貴くんを観られる日が楽しみだ。
それでも、クライマックスからエンディングまでの呼吸すら忘れそうになるあの感覚はもう、なかなか味わえないだろうな。舞台ってすごい!

同じ氷帝だったさっちゃんに感じる玄人感って言い方も変だけど…笑 最年少にしてあの落ち着き様はやっぱり踏んでる場数の多さだろうなあ。
デュルクが銃を落としてしまってそれをとても自然に拾ってラルドに渡す機転ときたら。
落としたデュルクに直接渡すのではなく、ラルドに渡したのがストーリー的に鮮やかに見えるから素晴らしい。銃を持つことを拒んでいたデュルクにラルドがもう一度しっかり握らせる。アクシデントなのに深みが増すじゃないですか…。
これ前楽の出来事なんだけど私、楽は観れてないから前楽からの演出とかではないよね?配信観ないと。
あと随所から感じる素晴らしい身のこなし!デュルクを庇って撃たれるシーンでの跳ね方とか宇宙船のダンスシーンとか。
このダンスシーン、最初観たときはシュールだな!?と思ったんだけどシュールに感じた原因の半分は初見でデュルクのダンスを観てたからかもしれない。
イマク観ても上手くてシュール感じなかったからな。Twitterで稽古中にもいじられてたのもなんかわかるカチコチさ…wあの時のデュルクはあれでいい気がする。

原作でも用語や設定は一回では頭に入りにくいんだけど、舞台は流れや台詞で説明している。セットがないので場面もわかるようにはなっているんだけど…ただどうしてもそれがスッと入ってくるかと言うのは別の話だからなあ。
やっぱり二回以上観る人か原作読んで用語が頭に入ってる人が一番おもしろいとは思う。
あと原作のあのシーンが大好き!みたいなのがあるとガンガン削られているからちょっと衝撃かもしれない。私も以前このブログに書いたくらい原作を好きにはなったんだけど、舞台化が決まったことをきっかけに読んだ人間なのでそこまで気にならなかったかな。

そういえば初見では突然のガヴィドタイムに驚いたのに二回目でもう慣れたからこれが人間の適応力か…?と思った。大勢の衣装替えのためとは言えあのシーンを任せられるって本当に大変なことだと思いますよ…。

音楽がとても良いなと思っていたら演出末原さんのお父様が担当されていた。音楽をまた聴きたいなあという思いもあってDVD予約してきました。冬発売とのかとで生執事始まるあたりかなあ。
思いがけずこの公演で生執事のフライヤーももらえて嬉しかったです。

なるせさんが続編…って話をしてたけど今回のラストが、薄暗いのに舞台としての完結のさせ方として好きだった。続編ありきなんてしゃらくせえ!って勢いで省いてるエピソードや改変もあるように思えたし、どちらかと言えば、だけど私は続編より再演が観たい。ただひたすらにあのラストシーンが好きだから。
ももちろん続編が決まっても嬉しいし絶対に観に行く。三宅先生が続編が観たいとつぶやいていたので何かしらあるといいなあ。

まだ色々書きたいけど一旦ここで。配信もあるのでまた書こうかな。いい意味で冷静に観れそうな気がする。

突然の黒執事

いや~今日はこれ!もうこれに尽きます!笑
書いていない間に鬼スケジュールの別の舞台*1も発表されてるけどこれに全部持っていかれました!

黒執事はタイミング的には古川セバスにキャスト変更した公演から観始めたのでまだそんなに観てないんですけど、テニミュ以外で必ず行こうと決めている数少ない舞台。なので本当に心臓飛び出るかと。
啓貴くんもだけどみかてぃと原嶋くんをテニミュぶりに観るのが楽しみです。すごいね、最後の記憶が3年前のテニミュだから良い意味で全然違う二人になっているんだろうなあ。蝋人形で幸村に怒られる柳生とかたまアリ400レベルまで来てくれた赤也が3年前の記憶…。こわい!さすがに最近のこととは思ってないけどあれ3年も前!?それはさておきロナルドの表情と傾き方あれはずるい。かわいい。

実は啓貴くんのツイートで名前だけを見て、エドワード…?と検索したらすぐにわかりました…ここ数巻分はまだ読んでないけど原作追ってはいるのに。寮の話までは読んでいるしガッツリ出てたねエドワード…キャラは覚えてたのに名前覚えてなくてすまん…。

演出の方も変わるのでこれまでと変化する部分もあるのかなあと思うのだけど、黒執事の音楽や雰囲気が好きなのでそこは変わらず楽しめるといいなと。前作前々作がとても好みだったのでちょっとドキドキしています。自分が好きなキャストがいるとまた別の緊張もあるし…。ちょうどテニミュ時期だからこの冬は忙しいね!と書いて気づいたけど啓貴くん、二年連続で年末年始公演なのか。

*1:来月9日からのODAC。イムリの千秋楽は今月31日

デュルクとミューバ

谷佳樹さんはツイッターをされていないようなのでブログを読んでいる。私は谷くんを舞台で観たことがないのだが、ミューバの役作りに悩んでいた時には、自分のことをポンコツ野郎と書いており、いやそんなことないと思うよ!?と謎の励ましをしてしまった。確かに谷くんはミューバだなあ。
対して啓貴くんは自分でも課題があると言っているし、もちろん悩んでいる部分はあるのだろうが、見えている部分ではめちゃくちゃひょうきん野郎。お調子者テンションで写真に写りまくっている。みんな優しい!好き!って素直な感情表現は見ていてああデュルクになる人なんだなあと思うのだからおもしろい。デュルクはもっと優等生タイプではあるけれど。
ミューバもデュルクもなるべくしてなった感じがする。


っていうかこれ谷くんもうスカート履いて稽古してるな!?とか書いてたら本人のブログにも出てきてた。下書きに入れっぱなしで話題がタイムリーじゃなくなる悪い癖。ミューバはドレス長いくて大変だろうなあ。原作でもドレスに引っ掛かって転ぶシーンがあるし。


谷くんが今日の記事で、観終わったあとに日本にいることを感謝するって書いていて、演じる側がここまで言うのってすごいなあと純粋に驚いている。期待してしまう。
歳を重ねる毎に、色んな舞台を観る毎に、期待という感情にセーブをかけることもわりと出てきたのだけど、ここまで言われると何だか心強い。
観る側も疲れるっていうのは…うん、わかるな。原作もおもしろくて何回か読み直してるけどエネルギーを使う。
演出脚本の末原さんが、世界観というより心の動きに重点をおいているという旨のことをおっしゃっていて楽しみです。
二週間後、幕が開くのを待ってます。

舞台に立つ彼を久々に観るので楽しみ!ですよ。

コラボアクセがきた!

いやーなんかテニミュで色々発表あるのにアクセサリーの話ばっかりになるんだけど何というかこの件に関しては書いておかねばと思って。テニミュは考えすぎて書くのに時間かかるってのもあるけど。


じ、じゅうにま…www 正直このレベルまでいくと私の場合はいや~いやいやいや~と最初からそっちが選択肢として生まれないから良いんだけど。
でも何というかこのお仕事こんなに酷いんです!ヤバイんです!とは言いきれない商法だからまた何とも…いやヤバイか。ヤバイのはヤバイか。まあこの金額が見合ってるかって言われたらうーん…とは思うんだけど結果として俳優が人質ってわけでもないし売れなくても別に恐らく多くの人は次のコラボが見たいって訳でもないだろうし(いたらすまん)上にも書いた通りスルーできる案件だからなあ。個人的にはこういうのはまだしまっとけって感じだったけど。ブランドサイトで出てくるこれまでのコラボアクセ見てたらわりとこのハードタイプとソフトタイプみたいな提示する売り方をやってるようで。悠来ちゃんのやつはあまりにも有名で知ってたけど。じゅうにま…もハードタイプ的には高いほうじゃないのか。新たな事実を知ってしまったよ。

これ予約ページ見ると先にK10出てるからシルバーというまあそれなり価格のほうもあるのにどうしても、じゅうにま…に目が行ってしまう。多分シルバーが購買層のメインになるの向こうもわかってるんだろうけどさ~。もうとにかくじゅうにま…のインパクトがすごい。でもシルバーだって握手手渡ししてもらえるんだからK10のほうの付加が難しいよな~。チェキとか本人につけてもらえるとかってどれくらいプラスに作用するのだろう。そこは買う側の判断だけどさ。先にも書いたように見合った内容かどうかは各々の心の中に…。今コラボしてる安達くんはボイスメッセージがもらえると書いてあって、色々な特典があるんだなあと感心した。
あ、デザインは想像してたよりかわいい。じゅうにま…のインパクトを前にするとデザインも些細なことになってしまいそうですが。でもこれ良いよね!?そこはちゃんと評価したい。あと本当に幸運を意識したアクセサリーだった!

しかしこれ、やってる活動が違うからあれだけど舞台とライブとコラボアクセで提示される金額が違いすぎて全部追ってる人はわけわかんなくなってない!?大丈夫!?じゅうにま…が規格外すぎるのはわかってるのだけど。

追記!何故か18金だと思いこんで書いてちょっと公開しちゃったけどちょこちょこ書き直した。本来ならアクセサリー本体についても着目して金額の話をすべきなんだけどそこまで考えると本当にわけわかんなくなるからともかくじゅうにま…のインパクトの話になってしまった。すまん。これどちらも最初のページに出てくるのは税抜き価格だから買う人はみんな気を付けようね!

再追記。誤字なおそうとしたら下書きに戻してしまった。何回も更新した形になってたらすみません。

忘れらんねえよ

なんてバンドを思い出したり。思わず笑顔になってしまった。その買ったら幸せになれるっぽいネックレスをもっとよく見せてくれ!8日にはわかるけど。

お仕事関連雑記・2017年6月下旬

告知のあったものについてざっくりと。

・超!脱獄歌劇「ナンバカ」出演決定

九十九役での出演。原作を知らないから即検索した。漫画やゲーム原作の多い2.5次元舞台は、知らない作品でも役の姿を瞬時に視覚的にとらえることができる。今まで気にしたことなかったけど2.5次元ならでは。小説→アニメ→舞台の流れをくんだ作品を2.5括りにしてしまうのって多少手荒な感じがするけどなるほどな~と思う。最近だとジョーカーゲームかな?チア男子もだっけ。
九十九のビジュアル、顔見えないけどこういうの好き!なんせ忍びスタイル。顔見えないけど。脱獄歌劇ということで舞台で歌う啓貴くんを観れるのだろうか。映像で観た、川尻さんの初恋モンスターと青春が楽しかったから期待してしまう。原作も読み始めた。

イムリキービジュアル公開

ミューバの微笑み美しい。デュルクの手のキュッと握ってる感。同時にまだ公開されていなかったキャラクターショットも公開されたけどラルドがとても良い!イマクもいいなあ。あの角度好きだ。さっちゃんのああいう表情は初めて見た。前に新しい颯希、と言っていたので楽しみ。

氷帝チームライブCMとハイタッチ

いきなりのCM投下で動揺した。ありがたい。曲全景も入るの最高すぎでは。ブギウギでバックダンサーする日吉大好きだったから嬉しい。青学不動峰の時と同じでハイタッチ会あり。


啓貴くんの撮影でした報告もあったから楽しみ。早く見てもらいたいのなんだろう。コラボアクセ?*1

*1:とか書いて下書きに入れてたら、どうやら本当にコラボアクセだったらしくドキドキしながら待っている

若手俳優かわいくなる説

垢抜けるとかそういう俳優本人の話ではなく受けとるこちら側の話。先に言っておくと中身のない話。

若手俳優に対し『かわいい』という言葉をよく使ってしまう。特別好きな若手俳優のみに使うとも限らない。SNSに本人や共演者が載せる写真とかよくわからないつぶやきとか。当たり前のように『かわいい』と思ってしまう。舞台に立つ俳優を観るときに『かわいい』がメインの感情になることとってあまりないのにね。いやもちろん外的要因によって付加されるかわいいはあるんだけど。実際過去のエントリでもかわいいって書いてるし。

多分、かわいくなるのだ。
例えばテニミュキャストの場合、大体稽古が始まったあたりで新キャストのSNSをチェックしはじめる。私の場合、3rdキャストはみんな同じリストに入れてつぶやきを見ている。現役のキャストは稽古が終わると一斉につぶやきだす事が多いからわかりやすくておもしろい。ちょっと話がずれた。この稽古段階では俳優のことをまだきちんと認識していないことが多い。◯◯役、くらいの認識。たまにちょっと変わった子がいたりすると印象には残るけどそれでもしっかり把握しているわけではない。◯◯役のキャストとしてより正直普通の男子(?)のつぶやきとして見ている気持ちの方が強い。名前やお互い呼びあってるあだなは覚えるけど。
それがどこで変わるのかというと間違いなく公演を観てから。公演を観て初めて◯◯役の△△くんという風に変わる。そうすると、単なるつぶやきが急に意味を持ち始める。自撮りもなんでもないツイートもまるで急に血が通ったもののように見えだして、それらに愛着がわく。その愛着が『かわいい』なんだろうな。
っていうかこれ認知だ。認知されるされないなんて話あるけどこちらも俳優としてちゃんと認知していく過程があるのか。そうか、今更気づいた。
かわいいは正義とかかわいいと言い出したら終わりとか。うんうん、よくわかる。通ってきたしこれからも通っていく。そして板の上の姿はみんなかっこいい。例えかわいい役であっても全力でそれを全うする姿がかっこいい。

前置きが長くなった。


かわいいかわいいかわいいかわいいわかいいかわいいかわいいがすぎるって話でした。はい~。